年代別化粧品の選び方と資生堂のおすすめトライアルセット

基本は洗顔と保湿!-20代基礎化粧品の選び方と使い方-

スキンケアのやりすぎで肌トラブルが勃発

資生堂お試し20代向け化粧品

20代の肌は老化が見られず健康な状態なのでそれほど入念なスキンケアは必要ない、というイメージがあります。

 

むしろスキンケアのやりすぎがトラブルを起こしてしまっていることが多く、過不足のないケアをしっかり行っていくことが大事です。

 

この時期に肌に負担をかけるケアを続けていると老化が始まる20代後半〜30代前半にその影響が出てくることもあるので注意しましょう。そんな20代のスキンケアの基本は洗顔と保湿です。

 

肌トラブルをとくに抱えていない場合、美容成分で一生懸命美容成分を補うよりも肌環境を維持するケアが優先されます。洗顔と保湿はまさに肌を維持するためにもっとも大事なポイントといえるでしょう。それだけに基礎化粧品選びでは洗顔料にこだわりましょう。

 

20代はどうしても清潔意識が過剰になりがちなので洗浄力が強い洗顔料を選んでしまいがち、がんばって洗いすぎてしまうと皮脂膜の形成に必要な皮脂まで除去してしまうほか、保湿成分のセラミドも洗い流してしまいます。

 

皮脂膜の不足と乾燥はバリア機能の低下を引き起こし、紫外線のダメージを強めてしまいます。紫外線のダメージは5〜10年後にシワとなってあらわれることも多いだけに余分な皮脂や汚れだけを落とせる洗顔料を選びましょう。

UV対策は基礎化粧品でも

資生堂お試し20代向け化粧品

泡立ちがよく、指でゴシゴシと皮膚をこすらなくても落とせるタイプがオススメです。

 

あとはクレンジングの負担も気になりますから、濃い目のメイクをしている方はクレンジングで肌に負担をかけないよう気をつけましょう。

 

アイメイクの場合はリムーバーで落としてからクレンジングをするなど負担をかけない使い方の工夫も必要です。

 

それから保湿成分をいかにうまく補っていくことができるか。セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の3大保湿成分を化粧水、美容液などで補いましょう。

 

化粧水ではコラーゲンとヒアルロン酸、脂溶性のセラミドはクリームで補うなど、それぞれの成分に合ったアイテムで補う工夫も意識したいところです。

 

そして忘れてはならないのが紫外線対策。洗顔と保湿もバリア機能の維持がとても重要な意味を持っているわけですが、UVカット効果を備えた基礎化粧品をうまく活用していくことも必要です。

 

日焼け止めだけでなく乳液や化粧下地でも紫外線対策を取り入れていくことで日焼け止めがもたらす肌への負担を和らげていくことができるでしょう。

 

このように20代の基礎化粧品はせっかく健康な肌を傷めないように気をつけながら保湿とバリア機能の維持を図ることが第一となります。強く擦って使わないといった使い方の基本を踏まえつつ適度なケアを心がけていきましょう。

 

資生堂 dプログラム(乾燥性敏感肌用)

乾燥による肌荒れを感じ始めたら!肌を潤してバリア機能を改善しながら透明感アップ

資生堂トライアルおすすめモイストケア

モイスチャー感が半端ない(笑)のに、べたつかず程良いしっとり感です。いくら保湿化粧品でもとろみがついてれば良いという訳でないと思っていた私でも、しっかり保湿してくれているのを感じます。オイルなのにつっぱりを感じないクレンジングが特にお気に入り。乾燥でごわついていた肌が潤って柔らかくなってきました。

敏感肌向けスキンケア「dプログラム」の中でも、乾燥性敏感肌のケアに特化したシリーズです。有効成分トラネキサム酸が肌荒れの連鎖に働きかけながら、保湿成分が30代になって段々乾燥し始めた肌を潤して透明感を与えてくれるのが特徴です。そして潤すことで肌のバリア機能の改善も目指しています。30代になり乾燥が加速し始めたという方に。
1,512円・税込
7日間トライアルセット(メーク落とし2ml×2・洗顔料20g・化粧水23ml・乳液11ml)

公式HPへ

 

資生堂のお試し・トライアルセットの口コミと効果

エイジングケアに関心を!-30代基礎化粧品の選び方と使い方-

肌の老化は乾燥から

資生堂お試し30代向け化粧品

30代はお肌の曲がり角、人間の肌は30歳前後から老化がはじまるといわれています。

 

20代は意識することがなかった肌の衰えやそれがもたらすトラブルに対するケアが求められるようになるのです。エイジングケアに関心を持つ時期といってもよいでしょう。

 

それだけに30代の基礎化粧品選びでは衰えていく肌への意識が必要です。肌の衰えはまず乾燥からはじまるといわれています。

 

角質層に含まれているコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドの3大保湿成分が老化の影響で減少し、水分を抱え込む機能が低下してしまうのです。

 

ですからそれをうまく補っていくことがエイジングケアの第一歩となるわけです。基礎化粧品選びでもこの3つの成分が配合されているかどうかをチェックしておきましょう。

 

それから老化そのものを防ぐケア。老化は細胞を酸化させていく活性酸素が原因で進行していきます。

 

加齢とともにこの活性酸素が増加していくのをいかに防いでいくことができるか、これが30代以上のスキンケアでは大きなテーマとなるのです。活性酸素を抑制する抗酸化成分にはビタミンC誘導体やアスタキサンチン、コエンザイムQ10、ビタミンEなどの種類があります。

 

まだ老化がはじまったばかりの30代前半の段階でこれらの成分で活性酸素対策を行っていれば老化を遅らせつつ若々しい肌を維持するのに役立つでしょう。

伸びが良く塗りやすいクリームや美容液を

資生堂お試し30代向け化粧品

なお、乾燥はバリア機能の低下を引き起こすことで紫外線をはじめとした外部からのダメージを増やし、活性酸素を増加させてしまう面もあります。

 

ですから保湿成分による保湿と抗酸化成分による老化対策はセットで行っていくことが大事です。

 

肌に刺激を与えてしまうと活性酸素が増え、シミの原因となるメラニン色素の増加を引き起こす原因にもなりますから、スキンケアそのもので肌を傷めないよう気をつけましょう。

 

20代には洗浄力を重視して刺激の強い洗顔料やクレンジングを使っている方も多いでしょうし、添加物がたくさん使われている美容液を使っている方も多いはず。

 

いろいろな美容成分を配合していればいるほど品質を維持するために防腐剤などの添加物が必要になる面もあるので要注意、防腐剤(パラベン)、合成界面活性剤、合成香料・着色料、鉱物油といった肌に負担をかける恐れがある添加物は使わないようにしましょう。

 

こうした基本的な部分を踏まえつつ適量を踏まえて使っていくことが大事です。若いころと違ってスキンケアは入念に行えばいいというわけにはいかず、肌に負担をかけない範囲内で適度に使っていく必要が出てきます。

 

また摩擦による刺激が肌に負担をかけないよう、洗顔料は泡の力で落とす、美容液やクリームは伸びがよく塗りやすいものを選ぶといった配慮もほしいところです。

 

資生堂 エリクシール トライアルセット

乾燥レスで30代からのエイジングサインを改善!内側から輝く幸せフェイスに

資生堂トライアルおすすめエリクシール

ベタベタとしない丁度良いトロミが化粧水にあるのに、予想外に乳液はさっぱりとした使い心地。そのおかげで朝もファンデーションがよれません。上品な香りで1日の始まりにも終わりにもリフレッシュできます。乾燥によるハリの低下が気になっていましたが、最近は少しモチッと持ち上がってきたように思えます。

乾燥による肌トラブルに悩む30代に人気のエリクシール。角層まで潤して、頬に光るつや玉が出来る程、肌の内側からハリと透明感をアップさせててくれるのが特徴です。乾燥によるハリの低下にも働きかけて、緩み始めてたフェイスラインをキリッとさせてくれます。肌質に合わせて「さっぱり」「しっとり」2タイプから選べるのもメリットです。
7日間お試しセット1080円・税込(化粧水・乳液・美容乳液)
公式HPへ

肌の変化が著しい!-40代基礎化粧品の選び方と使い方-

ホルモンバランスの乱れが肌にも影響を及ぼす

資生堂お試し40代向け化粧品

40代は肌の変化が急速に進んでいく時期です。

 

30代からジワジワと進んでいた老化が一気に加速する時期でもあり、また、更年期をはじめホルモンバランスの乱れが肌に影響を及ぼしやすくなる時期でもあります

 

その結果シワやたるみといったトラブルが表面に出てくることが多く、それをいかに日ごろのスキンケアでカバーしていくことができるかか鍵となってくるのです。

 

そんな40代の基礎化粧品の選び方と使い方のポイントはスキンケアそのもので肌に負担をかけないように気をつけることです。

 

いろいろなアイテムでいろいろな美容成分を補って幅広くケアしていきたいのはやまやまなのですが、それをやってしまうと刺激に敏感になっている肌に過剰な負担をもたらしてしまうことになりかねません

 

まずはスキンケア製品を指で塗付する際の摩擦の刺激に気をつけましょう。

 

40代のエイジングケアにオールインワンが人気を得ていますが、その理由のひとつが摩擦の刺激を最小限に抑えることができる点です。

 

オールインワン1本でひと通りのケアができるので化粧水や美容液などをひとつひとつ塗布していくよりも刺激が少なくなるわけです。

 

いくら効果の高い基礎化粧品でも使う際に肌に刺激を与えてしまうようでは本当に適した製品とはいえません。

セラミドは脂溶性なのでクリームで補う

資生堂お試し40代向け化粧品

この点は伸びがよくて塗りやすい、手間をかけずにムラなくしっかりと塗っていけるといった使い心地もポイントになってきます。

 

塗りにくいと何度も指で擦って伸ばしていかないとならないからです。オールインワンも選択肢に加えつつ、肌へのダメージを蓄積させることなく毎日使い続けられる製品を選んでいくようにしましょう。

 

それから肌質を踏まえて適切な製品を選んでいくことも大事です。40代は乾燥が進んでいく時期なので保湿効果が欠かせませんが、乳液、クリームで適度な油分を補ったほうがよいのか、

 

バリア機能の低下を重視したほうがよいのかなど、肌の状態に合わせて適切なカバーできる製品を選んでいくことが大事です。

 

40代になるととくにクリームの役割が重要視されるようになるので美容液ばかりに目を向けずにしっかり選んでいきましょう。脂溶性のセラミドは油分が多いクリームと相性がよいのでこのアイテムで補っていくとよいかもしれません。

 

たるみやシワ対策にはハリの改善、シミ・くすみには美白対策など抱えているトラブルに併せたケアも欠かせません。

 

美白対策の場合は美白成分だけに目を向けず、バリア機能の改善やターンオーバーの活性化などメラニン色素が沈着を起こしにくいケア環境を整えていくことができるかも大事です。

 

美容液に頼らず、基礎化粧品全体でトータルなケアを行っていくことを踏まえ使い方、使い分けも工夫しながら40代に相応しいケアを行っていくようにしましょう。

 

資生堂 dプログラム(年齢肌用敏感肌化粧品)

ゆらぎ肌もエイジングサインもケアしたい!角層から潤して透明感のあるふっくら肌に

資生堂トライアルおすすめバイタルアクト

しっかりケアしたいのに化粧品で肌荒れを起こしやすかったですが、dプログラムはしっとりしながらきちんと肌の中まで浸透してくれて、乾燥しづらいです。トロッとしているのにペタペタした感触にはならず、ツルツルになれる洗顔料がお気に入り。きちんと保湿してくれるから、出来たばかりの小じわなら目立たなくなっています。

敏感肌向けスキンケア「dプログラム」の中でも、エイジングケアに特化したシリーズ。オリジナル複合成分がバリア機能を改善し、肌荒れしにくい環境にに整えてくれるのが特徴です。独自技術でごわつきがちな40代の肌も角層から潤し、乾燥による小じわを目立たなくしてくれます。乾燥し過ぎて保湿成分が肌に入らず、エイジングケアが思うようにいかないと感じている40代の方向け。
1,836円・税込
7日間トライアルセット(メーク落とし2ml×2・洗顔料20g・化粧水23ml・乳液11ml)

公式HPへ

エイジングケアは必須!-50代基礎化粧品の選び方と使い方

肌トラブルの改善解消は難しい

資生堂お試し50代向け化粧品

50代で老化の影響がまったく見られない人も、肌トラブルをまったく抱えていない人もいないでしょう。

 

この年代はエイジングケアが必須、いかに日々のケアでトラブルを改善していくことができるかが基礎化粧品選びと使い方の鍵となります。

 

まず踏まえておきたいのは基礎化粧品でトラブルを完全に解消することは難しいことです。50代にもなるとかなり老化が進行していますから、若々しいころのようにハリと潤いに溢れたトラブル知らずの肌に戻ることはもちろんできません

 

この点を忘れて若いころの肌にこだわって一生懸命ケアをしてしまうとかえって衰えた肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

乾燥やバリア機能の低下でスキンケアの負担が蓄積しやすい環境にあるため、シンプルなケアを心がけながら必要な効果を取り入れていくバランスが求められます。いろいろな美容成分を補っていくのではなく、本当に必要な成分や効果を厳選したうえで補っていく。

 

余分なものは極力排除したうえで不足のないケアを行っていくことができるか、これは基礎化粧品の選び方だけでなく使い方ともかかわってくるポイントです。

 

どうしてもトラブルを抱えていると欲張っていろいろな成分や効果を求めてしまいがちですが、自分にとってどの効果が必要なのか、どのトラブルを最優先にケアしていきたいのか、取捨選択も行っておきましょう。

 

そのうえで優先したいトラブルの改善に役立つ製品を選んでいきます。シワ・たるみならハリを改善する効果が最優先、コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体やレチノール、ナイアシンといった成分を配合された製品がオススメです。

美白ケアはターンオーバーを活性化させて

資生堂お試し50代向け化粧品

一方シミやくすみを改善したい場合には美白化粧品が欠かせません。

 

現在市販されている美白化粧品は美白成分だけでなくターンオーバーの活性化や保湿効果も組み合わせてトータルでシミができにくい肌作りを目指したものが増えています。

 

できるだけ肌に負担をかけずに老化が進んだ肌環境の改善にも役立つものを選んでいきましょう。刺激に敏感な方にはビタミンC誘導体やプラセンタエキスといった低刺激な美白成分が配合されたものがオススメです。

 

使い方では指で擦って肌を刺激しないよう使っていけるかどうかがまず第一、その上で乳液・クリームで油分を補ってフタをするよう心がけましょう。

 

50代になると皮脂の分泌量が不足して表皮に十分皮脂膜が形成されにくくなります。その結果化粧水や美容液で水分と美容成分を補っても蒸発して失われやすくなってしまうため、油分でフタをすることでスキンケア全体の効果を高める工夫が求められます。

 

どうしても美容液に比重が傾いてしまいがちのスキンケアですが、50代には全体のバランスを踏まえた使い方も意識してみましょう。

 

資生堂 プリオール

楽してもしっとり美ツヤ肌に!お手入れが面倒でもキレイを目指したい50代に

資生堂トライアルおすすめプリオール

見るからに気分が高揚するパッケージに、複数の効果を持つアイテム揃いで、スキンケアを簡単に済ませても念入りにケアしているような気分に。一番の売りらしいおしろい美白乳液はサラッとしているのに保湿力に優れています。50代向けとあって敏感がちになっている私でも安心して使えて、いかにも化粧品!という香りも好みです。

あらゆるエイジングサインを手間なくケアできるプリオールのお試しセット。1本5役の白粉美白乳液を始め、1つで複数の役割を担うアイテムで、50代の肌を楽に美しく見せてくれるのが特徴です。肌をふっくら潤して乾燥による小じわを始め、ツヤ・ハリの低下にも働きかけます。念入りなケアは面倒だけど、きれいを諦めたくない50代の方に。
7日間お試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)

公式HPへ資生堂 プリオール スキンケア お試しセット

 

資生堂のお試し・トライアルセットの口コミと効果

人気の資生堂お試し・トライアルセット

資生堂 エリクシール トライアルセット

資生堂トライアルおすすめエリクシール

頬に光るつや玉を!疲れてきた肌をハリとうるおいで満たすエイジングライン
7日間お試しセット1080円・税込(化粧水・乳液・美容乳液)
>>公式ホームページで詳しく見てみる!
資生堂 エリクシール ホワイトトライアル

資生堂トライアルおすすめエリクシールホワイト

コラーゲンたっぷり!ハリと美白を同時に叶える資生堂の人気美白セット
7日間お試しセット1,188円・税込(化粧水・乳液・美白美容乳液)
>>公式ホームページで詳しく見てみる!>
資生堂 プリオール

資生堂トライアルおすすめプリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す50代からの資生堂の化粧品ブランド
7日間お試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
>>公式ホームページで詳しく見てみる!