クレンジングの種類と効果、選び方のポイント

クレンジングはオイルをメイクに馴染ませて落としていくアイテムです。そのためオイルがどれだけ含まれているかで洗浄力に差が出てくるのですが、それだけではなく肌への刺激や使い心地にも影響が出てきます。

どんなメイクもしっかり落とせるのはオイルクレンジング

資生堂トライアルクレンジング種類選び方

とくに近年ではオイルの配合量だけでなくさまざまな面を工夫した製品が登場しており、どれを選ぶかによって肌環境に大きな影響を及ぼすようになっています。

 

そんなクレンジングの種類の中でももっともポピュラーなのがオイルクレンジングです。オイルの含有量が多く洗浄力に優れ、メイクをしっかり落としていくことができるのが特徴で、どんなメイクにも対応できるのが魅力です。

 

ただ肌への刺激が少々強く、乾燥肌・敏感肌の方や老化でバリア機能が低下している方が日常的に使用するとダメージが蓄積してしまいかねないデメリットもあります。肌に特別問題を抱えていない方や、濃い目のメイクをしている方に向いているでしょう。

 

水分量が多くさっぱりした使い心地が特徴なのがリキッドクレンジングです。マツエクを使っている方はこのタイプを使用するととれにくいので向いています。

 

洗浄力はオイルクレンジングに比べるとやや落ちますがそれなりのレベルは備えています。水分が多めなので少し洗いにくい点が難点でしょうか。

 

心地よさと洗いやすさを重視して作られているのがジェルタイプ。プルプルしたジェルが肌に過度な刺激を与えずにメイクを落としていくことができるので摩擦の刺激が気になる方に向いているでしょう

 

洗浄力に関しては油分が多い油性タイプ、水分が多めの水性タイプ、オイルがまったく含まれていないオイルフリータイプで異なるので製品ごとによくチェックした上で自分にあったものを選んでいかなければならないのが難しいところです。

乾燥・敏感肌の人に向いているのはクリームタイプ

資生堂トライアルクレンジング種類選び方

乾燥肌・敏感肌に適しているのがクレンジングクリームです。クリーム状をしており、厚めのテクスチャで肌の摩擦を防ぎながらメイクを落としていくことができるほか、洗った後に肌がカサついたり突っ張ったりするのを防ぐ効果も期待できます。

 

ダブル洗顔の負担をできるだけ軽減したい、バリア機能が低下した肌にダメージを与えたくないという方に向いているでしょう。

 

低刺激という点でもっとも優れているのがミルクタイプです。なめらかなテクスチャをしており、肌に負担をかけずに洗っていくことができます。ただ洗浄力が弱いので濃い目のメイクやアイメイクは落とせないこともあります。

 

ナチュラルメイクや外出する予定がない日の薄めのメイクの際に適しているでしょう。

 

こうした効果や特徴を踏まえつつ、肌質との相性とメイクとの兼ね合いを踏まえたうえで自分にあったものを選んでいきたいところです。

資生堂のお試し・トライアルセットの口コミと効果

化粧水の種類と効果、選び方のポイント

化粧水は洗顔の後に最初に使用するスキンケアアイテム。いわばスキンケアの環境を整える役割を担っているものですし、洗顔直後の敏感な状態に使用するため、肌に合ったものをしっかり選ぶ必要もあります。

毛穴の開きやたるみケアには収れん化粧水

資生堂トライアルク化粧水種類選び方

この効果と肌との相性をよく踏まえたうえで選ばないと肌に負担をかけてしまったり、乾燥やバリア機能の低下を悪化させてしまう恐れも出てくるので気をつけたいところです。

 

化粧水はもともと収れん効果と肌を柔軟にする効果を備えたアイテムです。近年ではプラスアルファでさまざまな効果を備えた製品が増えていますが、まずこの2つを重視してみてみましょう。

 

収れん効果とは肌を引き締める働きのことで、洗顔後に敏感になった肌や開いた毛穴を元の状態に戻すのに役立ちます。この効果を重視した収れん化粧水と呼ばれる製品もあります。

 

毛穴の開きやたるみ、肌のキメの乱れなどに悩まされている方はこのタイプを選んでみましょう。

 

ただ注意したいのは肌を引き締めるためにエタノール(アルコール)を配合した製品もある点、このエタノールは収れん効果だけでなく水分を蒸発させてしまう働きもあるので乾燥が気になる方は避けたほうがよいでしょう。

 

肌を柔軟にする効果に関しては保湿効果も踏まえながら選びましょう。肌に潤いをもたらすことで柔軟性を高め、美容液などのその後のアイテムに含まれている有効成分が浸透しやすい環境へと整えていくことができます

 

保湿成分ではヒアルロン酸とコラーゲンがポイントで、油溶性のセラミドは化粧水にはあまり含まれていないのが特徴です。

保湿成分は特殊技術で浸透性が高められているか

資生堂トライアルク化粧水種類選び方

ヒアルロン酸、コラーゲンはどちらももともと分子量が大きく、そのまま補っても浸透しにくい面があるのでナノ化などの技術で分子量を小さくしているかどうか、処方にも着目してみましょう。

 

現在この保湿成分が化粧水選びでもっとも重視されている部分といえます。

 

もともとの化粧水の効果に加えて特別な効果を備えた製品も人気です。たとえば美白化粧水。アルブチンやトラネキサム酸、ビタミンC誘導体といった美白成分を配合することでシミ・くすみの改善効果が期待できるものです。

 

これらのタイプを選ぶポイントは美白効果だけでなく本来の化粧水の役割もしっかり備えているかどうかです。

 

理由はいくら美白効果に優れていても乾燥やバリア機能の低下などシミ・くすみの原因となる肌環境を改善するのに役立たなければあまり意味がないからです。

 

美白化粧品は肌への刺激も気になるのであくまで無理なく使い続けられるものを選びましょう。

 

老化対策に役立つエイジングケア用の化粧水も人気ですが、これも美白成分と同様、まず化粧水としての基本的な機能を備えているかをチェックした上で抗酸化成分やターンオーバーを活性化させる成分などを見ていきましょう

乳液の種類と効果、選び方のポイント

乳液は基本的なスキンケアアイテムの中では少々地味な位置づけにあります。基本的には美容液とクリームの間に使うものですが、使わないで済ませている人も少なくないようです。

乳液は大きく3つのタイプに分かれる

資生堂トライアル乳液種類選び方

油分が含まれており、肌にフタをして水分が蒸発するのを防ぎながらバリア機能を改善していくのがおもな役割なのですが、この点はクリームとかぶるのでとくに必要ないと考える傾向があるからです。

 

それだけ自分はどんな目的で乳液を使うのか、意識をはっきりさせたうえで適した製品を選んでいくことが大事になってきます。

 

乳液の種類は大きく分けると3つあります。まずもっとも一般的な保湿乳液

 

油分に加えて保湿成分を補うことで肌の乾燥を防ぎます。乾燥肌や年齢を重ねた肌は表皮の油分が不足しており、皮脂膜が十分に形成されないことで角質層の水分が蒸発しやすい環境になっています。

 

せっかく美容液や化粧水で水分と美容成分を補ってもすぐに蒸発してしまい効果が十分に得られないのです。そこで保湿乳液を使用し、適度な油分を補うわけです。

 

クリームと役割が重なる部分が多いのでベタつかないよう、補う油分の量をうまく調節していくことが重要です。乳液単品での使い心地だけでなく、クリームを使った後の使い心地も意識しましょう。

 

それからUV乳液。紫外線対策に役立てることができるタイプです。あらゆる肌トラブルの原因になるといわれる紫外線対策はスキンケアに欠かせないものですが、日焼け止めに頼りすぎると今度は日焼け止めがもたらす肌の刺激が問題になってきます

ティント乳液で肌トラブルをカバー

資生堂トライアルク乳液種類選び方

ですから乳液の段階で紫外線を防いでおくことでより効率よく、肌に負担をかけずに紫外線を防いでいくことも求められるのです。

 

ポイントは自分が日ごろ紫外線を浴びる量に合わせて選ぶことで、SPF、PAといった値をよくチェックして起きましょう。日常の外出程度ならSPF20〜30、PA++程度で大丈夫です。

 

3つ目はティント乳液。こちらは化粧下地の役割を備えているもので、ベースメイクにも役立つのが大きな特徴です。

 

シミやシワといったトラブルが気になっているとどうしてもファンデーションが厚塗りになってしまい全体が不自然になってしまうもの、そこでこのティント乳液を使っておくことでよりファンデーションのノリをよくし、より薄づけでトラブルをカバーすることで自然な仕上がりへと導くことができます

 

保湿乳液ほどではありませんが保湿効果も備えているものが多いのでスキンケアとベースメイク両方の効果を意識して選んでみるとよいでしょう。

 

こうした種類ごとの違いと特徴を踏まえたうえで今自分の肌が求めている効果を得られるものを使っていきたいところです。

フェイスクリームの種類と効果、選び方のポイント

フェイスクリームは油分を補うことで肌にフタをする効果を備えたアイテムです。乳液とも共通する部分ですが、こちらの方が油分が多く、よりしっかりと補うことができます。皮脂の分泌量が少ない乾燥肌の方、刺激に敏感になっている敏感肌の方、さらに加齢の影響で油分が減少している年齢肌の方に適しています。

乾燥予防と潤いを与える効果に優れているのが保湿フェイスクリーム

資生堂トライアルフェイスクリーム種類選び方

ただ油分が多いとその分ベタつきやすくなる難点も抱えているため、効果だけでなく使い心地も意識したうえで選んでいく必要があります

 

フェイスクリームはもともとそれほど種類のバリエーションが豊富なアイテムではなく、もっぱら油分の含有量と使い心地で選ぶのが原則でしたが、現在では技術の進歩もあってさまざまなタイプの製品が登場しています。

 

基本的な選び方を踏まえたうえで種類ごとの特徴や選び方のポイントも踏まえておく必要が出てきているわけです。近年もっとも注目され人気を高めているのが保湿効果を備えたフェイスクリームです。

 

油分で肌の乾燥を防ぐだけでなく保湿成分を補うことで角質層に潤いをもたらすのが最大の特徴、さまざまな保湿成分が配合された製品が発売されているのですがとくに注目なのがセラミドです。

 

保湿成分の代表格、バリア機能の維持・改善にも欠かせない成分としておなじみのセラミドですが、細胞間脂質の一種ということもあって油分との相性がよい油溶性の性質を備えています。

 

そのため油分の含有量が多いクリームで補うと肌に馴染みやすく効果が高いと考えられているのです。これまで美容液で一生懸命セラミドを補ってきた乾燥肌の方も多いはず、保湿対策を重視してスキンケアを行っている方はフェイスクリームでもセラミドを補ってみましょう。

美白効果のあるクリームは敏感肌の人におすすめ

資生堂トライアルフェイスクリーム種類選び方

美白効果を備えたクリームも人気です。アルブチンやトラネキサム酸といった美白成分を配合し、シミ・くすみの改善に役立てていくことができます。

 

ポイントは美白美容液に比べて肌への刺激が少ない点で、美容液はちょっと刺激が強くて使えないという敏感肌の美白ケアに適しています

 

その分美白効果そのものは穏やかなので時間をかけてじっくりと取り組んでいける製品を選ぶことが大事です。価格面も含め、長く継続して使い続けられるものを選びましょう。

 

またここでも保湿効果を重視し、バリア機能を高めてシミの原因となるメラニン色素が作られにくい環境づくりを心がけていくことも必要です。

 

あとは使い心地の問題。先ほど油分が多いほどベタつきやすいと書きましたが、近年では技術の進歩でしっかり油分を補いつつベタつきが気にならない製品も増えています。また伸びがよく何度も肌を擦らなくてもムラなく塗付できるかどうかも見ておきましょう。

化粧下地の種類と効果、選び方のポイント

化粧下地の役割に注目が集まるようになったことでさまざまな製品が各メーカーから発売されるようになっています。その分多様性が広がっており、どんな役割を備え、どれだけ効果が期待できるのかをよくチェックした上で見極めていくことが大事です。

ファンデーションの密着性を高めてくれるかが重要

資生堂トライアル化粧下地種類選び方

もともと化粧下地にはさまざまな役割があります。ファンデーションのノリをよくする、紫外線をカットする、化粧下地そのものにカバー力が備えている、肌の色を補正するなど。

 

それだけにどの部分を強調しているかで商品ごとに違いが出てくるのです。

 

選ぶ際にはまずファンデーションのノリと密着性をどれだけ高めることができるかを見ておきましょう。ファンデーションの厚塗りを避けつついかにうまくシミやシワなどを目立たなくさせることができるか。

 

化粧崩れを防いでメイクを長持ちさせる持続性にも着目したいところです。日中10時間以上化粧崩れを防ぐことができる製品も出ていますから、化粧崩れを起こしやすい人はチェックしたいところです。

 

またファンデーションのノリをよくするだけでなくクレンジングで落としやすくする点も化粧下地の大事な役割です。カバー力の強いファンデーションほど落としにくく、クレンジングの際に負担をかけてしまうもの。

 

バリア機能が低下している方は化粧下地をうまく使ってクレンジングの負担を和らげていくことも大事なのです。ノリをよくして密着性とカバー力を高めつつクレンジングで落としやすくする。なかなか難しい部分ですが、トライアルセットなどで実際に試してみるなどして確認してみるとよいでしょう。

色の補正効果やスキンケア効果に優れた化粧下地もある

資生堂トライアル化粧下地種類選び方

肌色を補正するコントロールカラーとしての役割を備えている化粧下地も増えています。

 

この場合は自分の肌色に合っているかどうかがポイントで、肌のトーンを明るくしたい場合にはイエロー系やオレンジ系などの色を選びます。

 

ただあまり肌に合わない明るい色を選んでしまうと不自然になってしまいますから、あくまで自然に仕上げられる範囲内で適した色を選んでいくことが大前提です。

 

スキンケア製品の一環として化粧下地を活用する選択肢もあるでしょう。とくに乾燥肌・敏感肌の方は保湿成分が配合されている化粧下地を使用すると美容液やクリームでは不足していた保湿対策を補うことができます

 

加えてUVカット効果も意識して選べば肌に負担をかけずにベースメイクを行っていける環境づくりに役立てていけるはずです。このようにどの点を重視するかで選ぶポイントも変わってくるだけに自分が化粧下地に何もを求めているのかを踏まえつつ比較検討する環境づくりを行っていきましょう。

ファンデーションの種類と効果、選び方のポイント

ファンデーションはベースメイクのアイテムであり、メイク全体においてももっとも重要な存在です。それだけに合わないものを選んでしまうとメイクそのものが不自然になったり、効果が得られないといった問題も出てくるだけにどんな種類が自分に向いているのかをしっかり確認しておきましょう。

パウダータイプは肌の凹凸にフィットして毛穴やシワをカバー

資生堂トライアルファンデーション種類選び方

もっとも一般的なのがパウダーファンデーションです。

 

コンパクトに入ったパウダーを肌に塗付して使っていくタイプで、携帯しやすく必要な時に必要な部分にパウダーを塗付して使えるので利便性が高い点が魅力です。

 

また近年では技術の進歩もあって粒子が細かいパウダーを使用することでこれまで以上にカバー力がアップし、毛穴やシワなどの凹凸にフィットして目立たなくさせるのに役立ちます。

 

さらに粒子が余分な皮脂を吸着させることでテカりや化粧崩れを防ぐことができる製品も出てきています

 

ただその一方で使いやすい分気になる部分に集中的に塗付してしまい厚塗りになってしまう、全体が不自然な仕上がりになってしまうといった問題点も抱えています。自然な仕上がりで気になる部分をうまくカバーできる製品を選んでいくことがポイントになるでしょう。

 

なお、肌への刺激が少なく敏感肌の間で注目されているミネラルファンデーションもパウダータイプに含まれます。これは鉱物(ミネラル)を主原料としているので肌に優しく、刺激に敏感な方でも使いやすい点が魅力です。

リキッドタイプは密着力が高いがクレンジングの負担が大きい

資生堂トライアルファンデーション種類選び方

カバー力の高さで人気なのがリキッドタイプ、これは液状をしており肌にしっかりと密着することでシミやシワなどを目立たなくすることができます。そのため全体を滑らかに見せるマット肌のメイクに適しています

 

しかもパウダータイプのように厚塗りで不自然になってしまうことも少なく、トラブルが気になる方に向いているでしょう。

 

ただし肌にしっかり密着するため落としにくく、クレンジングの際に肌のダメージを与えてしまうリスクもあるので注意したいところです。

 

肌に負担をかけない範囲内で毎日のメイクに利用できるかどうかが選ぶうえでの鍵となります。

 

リキッドタイプよりも硬めのテクスチャでカバー力にも優れているのがクリームタイプです。メイクが崩れにくい点も魅力で、しっかりとメイクをしたい方に適しています。

 

ただやはりリキッドタイプと同じく落としにくいこと、また硬めのテクスチャなのでムラなく塗付していくのが難しいといった難点もあるので使い心地を確認したうえで選ぶことが欠かせないでしょう。

資生堂のお試し・トライアルセットの口コミと効果

人気の資生堂お試し・トライアルセット

資生堂 エリクシール トライアルセット

資生堂トライアルおすすめエリクシール

頬に光るつや玉を!疲れてきた肌をハリとうるおいで満たすエイジングライン
7日間お試しセット1080円・税込(化粧水・乳液・美容乳液)
>>公式ホームページで詳しく見てみる!
資生堂 エリクシール ホワイトトライアル

資生堂トライアルおすすめエリクシールホワイト

コラーゲンたっぷり!ハリと美白を同時に叶える資生堂の人気美白セット
7日間お試しセット1,188円・税込(化粧水・乳液・美白美容乳液)
>>公式ホームページで詳しく見てみる!>
資生堂 プリオール

資生堂トライアルおすすめプリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す50代からの資生堂の化粧品ブランド
7日間お試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
>>公式ホームページで詳しく見てみる!